李登輝訪日特集F

李登輝前総統への来日歓迎メッセージ【3】

メールマガジン『日台共栄』より転載
-----------------------------------------------------------------------------
ありがたい存在

                                 茨城県 野地

 はじめまして、李登輝先生の来日が実現し、大変うれしく思っております。
 日本人が日本人らしくなくなってしまった今日、李登輝先生のような方が、どんなに
ありがたい存在か、そして、なぜマスコミはもっと先生について報道してくれないのか
と、日本人として情けなく思います。
 日本が、このように台湾に対して、情けない態度をとり続けているのに反し、台湾の
方々は、日本にたいして、よい感情を持っていてくれる方が多いと聞きます、とてもあ
りがたいことと思います。
 それには先生のお力もあったと思います。心から感謝しております。感謝してもして
も、足りないほどです。
 このたびの来日、講演等、お忙しいかもしれませんが、楽しいものになりますよう、
お祈りしております。
------------------------------------------------------------------------------
待望しておりました

                           神奈川県横須賀市 戸田正二
 奥の細道の旅が実現することを、待望しておりました。奥羽地方の旅情をお楽しみい
ただけたら幸いと思います。
 日本の心を大切にしていただける李登輝先生を尊敬いたします。           
------------------------------------------------------------------------------
秋田まで参ります

                                大阪府 高瀬富康
 李登輝閣下のご来日を、心から歓迎申し上げます。
 アジアが生んだ最大の知性と高潔なる精神は、閣下が日本で学び育まれたことを誇り
と思って頂いているそのことが、我々日本人にとっても最大の喜びだと思っております。
 混迷を極めるわが国日本にも、閣下が親しく交わって頂けることによって、大いなる
勇気と希望が生まれることでしょう。
 今回の旅が素晴らしいものになりますよう、そして日台関係がさらに発展しますこと
を、心からお祈りするものであります。
 私は沿道でひと目お目にかかりたく、秋田に参ります。
------------------------------------------------------------------------------
成田へ熱烈歓迎に参ります

                               神奈川県 江川基宏

 私も来訪歓迎のハガキをいただき是非参加をと考えておりましたので、やっと時間の
折り合いつき、今から往復ハガキを出したいと思っていますが、間に合えば幸いかと存
じます。
 一人でも成田へ熱烈歓迎に参ります。宜しくお願いします。申し遅れましたのですが、
自分は江川基宏と申します。では、明日成田で民主台湾建国の主を御出向かいに参りま
しょう。
------------------------------------------------------------------------------
東北紀行に幸多かれを祈ります

                                    高畑紀一

 はじめまして。メールマガジンの読者の高畑紀一と申します。
 このたびは李登輝前総統の来日および東北訪問の実現、お喜び申し上げます。
 私のふるさと岩手県は後藤新平氏を筆頭に、台湾ゆかりの先達を多数輩出した地です。
その一人、台湾帝国大学総長の三田定則は私の祖母の叔父に当たります。
 私自身は生前に定則大叔父を亡くしておりますが、私の母、祖母は生活をともにして
おります。
 ゆえに、台湾には一方ならぬ縁がありその行く末を見守っていたしだいですが、祖母
の存命中に李登輝前総統の岩手訪問が実現するとは夢にも思っておりませんでした。
 李登輝前総統の東北紀行に幸多いことをお祈り申し上げます。

------------------------------------------------------------------------------

------------------------------------------------------------------------------
著書『台湾の主張』を胸に

神奈川県 松本 康

日本人の伝統的精神価値観復興に、また台日関係前進に、今日に至るまで大変なご尽力をありがとうございます。一人の日本人として心から感謝しております。
来日に際し、著書「台湾の主張」を拝読しました。
以下、書籍サイトに発表したレビューをもちましてメッセージに代えさせていただきます。
台日パートナーシップ開発へのメッセージ
 この本を著した一九九九年当時、李登輝氏は七十六歳の現役総統で残り任期一年(二〇〇〇年の次期総統選不出馬表明)。
読後の第一印象は、日本語書籍を通じた総統の、中身の濃い台日パートナーシップ開発へのメッセージ、です。
日本国籍(二十二歳まで)に生まれ日本の教養に育ち、京都大学農学部に学び、日本の学問にも技術にも"アメリカにはないような深み"を感じる李総統(実際、米にも留学してアイオワ州立大で修士、コーネル大で博士取得)は、今日に至るまで古今数多の日本の書籍を紐解く一方、台湾は現代産業化初期、「日本が戦中・戦後に残した工場や道路などのインフラ、経営法や技術などの経営資源だけで開始した」と認識、専攻した農業を台湾政策に生かすのに日本で二ヶ月を費やし戦後日本の「農業基本法」を調査した経歴をもつなど、公私両面日本と非常に奥深く繋がっています。
「大陸」政府による"常に牙を剥き出す"ような覇権主義に耐え、"台湾の朝野が心血を注いで"政治システムの"脱内戦化"を企図、民主化を象徴する直接国民選挙による総統選を一九九六年に自ら主導して総統再選を果たす描写には一つの遠大な夢を果たした人物像があります。
"経済奇跡"の実績に加え、真相に透徹したその自信と信念から台湾の"進路はそう難しくはない"との確信を覗かせる一方、「大陸」はその体質と未曾有な規模から不確定・不安定な事態を内包し続けると予測。
台米日の協力緊密に「大陸」を世界の舞台に引出し、止揚された現実的折り合いをみるのに「急がず忍耐強い」姿勢を説きます。
軽薄なスローガンよりも歴史の底流と地についた時の熟成を見極める意義を訴え、またアジアの平和は、台湾人は元より各国民のアイデンティティーの確立からとする言明を、私も一人の日本人(アジア人)として心して受け止めました。
艱難辛苦の境遇でこそ培った真理への謙虚さに、「愛」の価値を共有するキリスト教を探求するなど思想を明確化、普段に学び、その上で素朴な善志向から「台湾を愛し、台湾人のために粉骨砕身、大いに奮闘する者」を総統の条件に課す『台湾の主張』には底知れぬ力強さを感じさせます。
総統の五月三十日の来日は台日関係を大きく前進させるでしょう。
------------------------------------------------------------------------------
理想とされる日本人?!

千葉県 佐藤武浩

李先生、日本へようこそおいでくださいました。
理想とされる日本人にもっとも近い人がいまは台湾人であるということが少々不可思議ではありますが、先生のことを心より尊敬申し上げております。
私の故郷である山形県は、奥の細道にもゆかりの深い土地です。ちょうど今はさくらんぼの実り始める時期です。ぜひご覧になってください。
日本と台湾の友好が末永く続きますように。
------------------------------------------------------------------------------
芭蕉の短冊をお届けください

山形市 平井 康博

李登輝前総統がこの度日本に来られることを一日本人として歓迎いたします。
さて2005年2月27日読売新聞の「編集手帳」に前総統が松尾芭蕉の「奥の細道」を是非歩いてみたいとの記事を読み、実はその時から台湾に送りたいと思っておりました「芭蕉の旅路」というものと芭蕉の句の短冊を用意いたしておりました。
しかしながら送ることが出来ずいままで手元に置いておりましたところ、この度来日されました為、出来ませれば是非前総統にお渡しいたしたく、貴事務局のホームページを見つけました。
事務局のほうに送らせていただきますので、是非前総統にお渡し願えれば幸いと存じます。
送らせていただく短冊は山形県新庄市出身書道家であります加藤紅花(かとう こうか)先生にお願いした作品です。
この企画は山形市に本社があります「山交観光株式会社」が平成13年に企画し、14年から2年に亘り実施した「芭蕉の旅路・おくのほそ道をゆく」の資料です。
参加された方々には印刷した短冊を差し上げておりました。また別紙の資料は各会のをまとめたものです。
大変失礼かとは思いましたが、是非李登輝先生に差し上げたいと思い、遅くなりましたがよろしくお伝えください。------------------------------------------------------------------------------
武士道魂を持つ偉大な指導者

茨城県つくば市 小田 浩

李登輝先生のご訪日を心より歓迎申し上げます。
日本人の武士道魂を持つ偉大な指導者として台湾と日本のために、これからもご活躍を期待しています。
日本ご滞在の間にも神様のご加護がありますようにお祈りします。------------------------------------------------------------------------------
日本人に熱いメッセージを!!

東京都 沢井謙一(学生)

日本に来ていただきありがとうございます。
私は台湾についての勉強を通し、氏の公に対する考え方、実績を知り感銘を受けました。それらは今の日本の国民や国を動かす人たちに欠けているものだと思っています。
 今回の来日でたくさんの日本人に話されますが、氏の考えがもっと深く理解できるよう、大変期待しております。
 短い間ではありますが、日本を楽しんで下さい。
------------------------------------------------------------------------------
「たかじんのそこまで言って委員会」に出演を希望

台湾の独立を願う日本人より
李登輝さんの「たかじんのそこまで言って委員会」に出演を希望しています!
http://www.ytv.co.jp/takajin/
この番組です!
東京のテレビが報道しないテーマを取り上げて、毎回大きな波紋を呼んでいる(?)番組です。(視聴率も良いです)この番組は李登輝さんが日本人に伝えたい事を取り上げてくれる番組だと思います。
 スケジュールの都合が合い、番組側からの出演依頼があれば是非受けるべきだと思います!
拙い言葉で申し訳ないです。それでは。
------------------------------------------------------------------------------
時代の変化

埼玉県 渡辺
このたびは、日本にようこそお越しくださいました。李登輝先生が来日できるようになったここ数年の時代の変化を非常に喜ばしく思っております。
私は、李登輝先生の本により、戦後日本のあり方、中共や左翼マスコミの存在を真剣に考えるようになりました。
台湾及び日本が、他の環太平洋の海洋国家と友好関係を築いていくことを願いつつ、今回のご訪問のご無事をお祈り致します。
------------------------------------------------------------------------------
次回はぜひ伊賀上野や大垣へ

川畑裕之

本日、報道にて閣下の来日を知りました。しかも今回は講演もなされるとのことで、もっと早く知っていれば参加できたのに、と残念でなりません。
今回は奥の細道を巡る旅とお聞きしました。芭蕉の出生の地は伊賀上野、没した地は岐阜大垣。東海地方に是非次回はおいでください。
お体には十分お気をつけて、日本滞在をお楽しみいただきますよう祈っております。
------------------------------------------------------------------------------
秋田にきてくださるだけで感激

秋田市 佐藤典子

秋田在住の者です。
先生、ご来日、ありがとうございます。
先生の国際教養大学でのご講演を知り、早速、聴講を申し込んでいます。希望者が多数とのことですので、抽選にあたる確率は低そうですが、先生が秋田にきてくださる、そのことだけで嬉しく、感激しております。
2002年にはビザ発給拒否で慶応大学での講演が実現しなかったり、2004年ご来日時には母校の京都大学に入校できなかったりと、過去の先生の御来日が、残念ながら必ずしもスムーズにいかなかったことを考えると、今回のご講演の成功をただただ心より祈っております。
先生のご講演は、必ず日本人を励ましてくださるものと思います。心から歓迎するとともに、御講演の成功を心よりお祈り申し上げます。
先生のますますの御活躍とご旅行の安全を心よりお祈り申し上げます。
------------------------------------------------------------------------------
お帰りなさい、閣下!

桑名博子

メールマガジン読者の桑名博子と申します。
「22歳迄は日本人だった」とおっしゃる、日本を愛し叱咤激励してくださる李登輝閣下。(今迄「閣下」などと呼ぼうと思った方はいませんでした!)
改めて「李登輝学校の教え(小林よしのり氏との共著)」を読み返し、是非閣下にお会いしたいという思いが募ります。
6/7の講演会に応募しましたので、当選するよう強烈に念を送っております!!
でも、これからの日本を担う若い世代の、素晴らしい日本にすべくリーダーシップをとってくださる人材なら、その方が当選して触発された方がいいかしらん!?
私も微力ながら日本と台湾に貢献したいと思っており、一人でも台湾、閣下、そして日本のことを知って欲しくて、友人知人に沢山話をしています。
今回の閣下訪日により、多くの日本人が目覚めますように!
そして、閣下におかれましては、お身体に気をつけて存分に日本を満喫なさいますようお祈り申し上げます。
------------------------------------------------------------------------------
歓迎降臨 李登輝先生

岩手県在住 藤原氏

去年の春に訪日されるとの情報を聞いて訪日を心よりお待ちしておりました。
私が住む岩手県にも、観光にいらっしゃるとのことで大変光栄に思います。
奥様共々、第二の故郷、日本を満喫してください。また、台湾人の皆さんとの友好が末永く続くことを願っております。
------------------------------------------------------------------------------
靖国参拝大歓迎

富山県 本間三郎

李登輝氏の靖国参拝大歓迎です。是非実現を。
関係者の期待裏切ることなく実現する事期待します。どれだけ 日本と台湾の国益に繋がるかはかり知れません。
そちらに いけないのが残念でなりません。
------------------------------------------------------------------------------
弾けるような笑顔

A.Matsushita

李登輝ご夫妻、長旅の疲れも見せず、弾けるような笑顔と精力的なご活躍、心から尊敬申し上げます。
また、再三の日本の無礼にも失望することなく、来日されたこと、非常に感激しております。
私は、小林よしのり氏の「台湾論」を読んで以来、李登輝先生のファンとして、「ああ、日本に来てくれないかな〜。でも、今の日本だと恥ずかしい……」と複雑な思いでおりました。
今年の三月末には台北に旅行し、台湾の方々の人柄に触れ、昔の日本を見るような不思議で懐かしい思いに駆られました。
このたび、かねてよりの夢である「奥の細道」探訪を実現されると聞き、心からお喜び申し上げます。
しかしながら、近年心臓の手術をされたとか。お体が心配です。老婆心ながら、体調にはくれぐれもお気をつけて、御無理をされないよう、日本を心行くまで楽しんでくださいませ。
今回、私は、個人的な都合でご講演に伺うことが出来ず、非常に残念ですが、いつかお会いできることを楽しみにしております。
では、旅のご無事を祈って。
------------------------------------------------------------------------------
靖国参拝はいつでしょうか

田中

李登輝さんの靖国参拝はいつでしょうか。絶対に駆けつけて大歓迎の意を表したいと思います。
Taiwan is Taiwan not China. 台湾万歳!

------------------------------------------------------------------------------
台湾は親しい隣人

                                    U.Y

 今回の李登輝先生の訪日は、日本に「台湾が親しい隣人」であることを改めて知らし
める良い機会だ。台湾国民は日本人に親しみを持っており我々日本人ももっと台湾につ
いて知り、交流を深めるべきでしょう。李登輝先生は、日本で最も知られた「台湾人」
でその言動は「日台間の友好」に寄与するでしょう。
 今後も度々訪日され極東における台湾の存在をアピールされたいと思います。
------------------------------------------------------------------------------
もっとたくさん来日を!

                                   井上かおる

 李登輝前総統、ご来日いただきありがとうございます!
 ニュースであまり報じられないのが残念ですが、こちらのブログでご様子を見ること
が出来てうれしいです。
 台湾→日本、日本→台湾の観光客はいっぱいいるのですから、李登輝前総統ももっと
たくさん来日できるといいなと思っています。私を含め、多くの日本人が台湾という国
が好きで、台湾の人たちと交流を持ちたいと思っています。私も台湾語を習いたいので
すが、日本ではそういう教室もなくて……もっと台湾と日本の交流が公的にも私的にも
増えれば、出来るのではないかなと期待しております。
 日本でテレビを見ると、治安の悪化に愕然とするかと思いますが、まだまだ日本にも
いいところはたくさんあります。ご来日以来、少々天候が優れませんが、これからの日
程でのご旅行が楽しいものになりますよう、お祈りしております。
------------------------------------------------------------------------------
お帰りなさいませ、日本へ

                      タイ王国バンコク市駐在 田口 裕之

 ようこそ、日本へおいでくださいました。そして、"おかえりなさいませ、日本へ"。
と申し上げます。いつまでもお元気で台日友好のシンボルでいてください。
------------------------------------------------------------------------------
日本を尊敬される国家に

                                   吉岡 倍達

 李登輝前総統のご来日を1人の日本人として熱烈歓迎たします。
 昨今、日本で起こっております悲劇は日本人としての心、日本精神を失った日本人に
より引き起こされております。
 台湾人である李登輝前総統のご来日により、多くの日本人がよき日本人の精神を取り
戻し世界に尊敬される国家となることを切望してやみません。
------------------------------------------------------------------------------
日本の外交特別顧問兼相談役に就任して頂きたい

                                 東京 林 由貴子

 はじめまして。私は東京在住の会社員(女性)です。
 李先生の今回の来日、心から歓迎申し上げますとともに嬉しく思っております。多く
の日本国民も先生を敬愛して歓迎いたしております。
 今回は念願でもあった「奥の細道」への旅、存分に楽しんで頂きたいと願っておりま
す。(私も2年前の6月、平泉を旅しましたが目に痛いほどの新緑で、日本の四季の美
しさを改めて実感いたしました。)
 さて、相変わらずのシナ・朝鮮の反日活動、私も以前は多少の「日本が悪い」自虐気
味だったのですが、先生のご発言や色々な書物をよみ、祖父の話などをきき、目を覚ま
すことができました。
 ただ、残念ながら私の祖国日本は戦後60年経ってもまだまだ洗脳が続いています。李
先生ほどの風格と知識、力量をもった政治家もいません。シナ、朝鮮に媚を売り続ける
政治家に官僚、「日本はこの先どうなるのだろう」と暗澹たる気持ちになりますが、先
生の日本に対する愛情、叱咤激励が救いとなっております。
 そして、李先生ほど日本を愛し、日本の行く末を案じてくださる要人が他にいるでし
ょうか? どうか、今回の来日で寝ぼけている日本人を叱咤激励してくださいませ。
 そして、出来ましたら李先生に「日本国外交特別顧問兼相談役」に就任して頂きたい
と思っていますが、無理でしょうか?(笑)これが実現すれば怖いものは何も無くなる
のですが!(笑)また毎年、来日していただきたいのですが……。
 また、今回は靖国神社へも参拝のご意向と報道で知りました。ぜひ祀られたお兄様と
久しぶりに再会し、存分にお話をなさってください。靖国を大切におもう日本人の一人
として、李先生のご参拝を心からお待ち申し上げております。
 最後になりましたが、「後藤新平賞」の受賞おめでとうございます。心からお喜びと
お祝いを申し上げます。
 今後も日本と台湾の大きな絆でもある李登輝先生のご健康と益々のご活躍をお祈り申
し上げますとともに、日本への叱咤激励をよろしくお願い申し上げます。今後も日台友
好の絆が深く強くなりますよう願っております。台湾と日本はともに手を取り合って歩
んでいくことのできる親友なのですから。
 李登輝前総統閣下、日台友好、万歳・バンザイ・万歳!!
------------------------------------------------------------------------------
お元気でいらっしゃることがせめてもの救い

                                  寺岡稚佐子

 わーい! 李登輝先生、日本にいらっしゃった! ほんと、嬉しくて堪りません! 
しかも、後藤新平賞を受賞されたとのこと! 誠におめでとうございま〜す!
 でも、最近このHPをチェックしてなかったので、李登輝先生ご夫妻がいま日本にいら
している事をさっき(2007年6月1日午後二時過ぎ)まで全く存じ上げませんでした……。
空港にお迎えに行ったりすることも出来ませんでした。
 馬鹿な私! もう馬鹿すぎて死んだほうが良い!!! あ〜、また私はずした……。
とにかく李登輝先生ご夫妻がお元気でいらっしゃることがせめてもの救い。どうか先生、
奥様、いつまでもお元気で!                        かしこ
--------------------------------------------------------------------------
シンガポールから祈念

                             シンガポール 渡邊 紘

 やうこそ再度の訪日をなすつて下さいました。
 本日の芭蕉記念館での一句「深川に 芭蕉を慕ひ來 夏の夢」、閣下の御氣持が籠つて
居るやうです。どうぞ短い滯日期間ですが大いに梅雨入りまえの日本の一時を御樂しみ
下さい。
 私も出來る事ならお迎へに參上致したかつたので有りますが殘念至極であります。シ
ンガポールから安全で樂しい家族旅行が出來ますやう祈念してをります。何時までも御
壯健でゐらして下さい。
------------------------------------------------------------------------------
みちのくの旅をお楽しみください

                角間隆著『新台湾人の誕生』を3回読んだファンより

 李登輝先生ようこそ日本へ、そして秋田へ、先生の講義を受講したいと思っていまし
たが、仕事の予定が未定でしたので、応募しませんでしたが、休日が取れそうなので、
御尊顔を拝すべく出かけようと思っております。
 私は、前々から李登輝という人間に興味を持っておりました。広大な国土を持つ中国
が台湾をなぜ、警戒するのか? 
 一般の日本人では想像もつかないことです。歴史的に見ても台湾の人々は、友好的と
感じておりますし、京大OBの人が日本を訪れるのに反対する国・人がいることが、不
思議です。はたして本当に台湾独立を警戒しているのか?
 李先生に本当は、独立をしてもらいたいのでは? その方が反体制分子を国土から排
除できると考えているのではないと、日本の田舎に住む日本人の一人は、考えておりま
す。
 それは、ともかく、李 芭蕉先生は、健康にご留意されて、みちのくの旅をお楽しみ
ください。
------------------------------------------------------------------------------
日本に来てくださっただけでも意義のあること

                               長野県松本市 須田

 李登輝先生の来日をとても嬉しく思っています。
 私の息子は大学の教育学部に通い、将来は教師になる予定ですが、今の日本の現状と
学校教育の在り方を話したりしています。
 北朝鮮・韓国という今や(昔から)中共の属国に成り下がった国が隣にあり、武力だ
けは大国の・チベットを侵略し、東トルキスタンを弾圧し、少数民族の民族浄化を企て
る中国という専制独裁国家がある。こういう国々に抗して、平和を維持していくのは武
力の存在も大事ですが、国民一人一人の意識の持ち様も大切と思っています。今、日本
人の心の防衛力は貧弱です。
 今回の李登輝先生の来日をきっかけに、改めて国とは何か・国を守り平和を守るとは
何かを考えたいと思います。政治活動は制限されるかと思われますが、日本に来てくだ
さっただけでも、心ある日本人には意義のあることだと思います。

     

 


SEO [PR] お金 ギフト  冷え対策 特産品 動画無料レンタルサーバー SEO