ξ梢惘弔国連加盟について意見表明

 

2月27日、中央選挙委員会は、3月22日の総統選挙と同時に行われる公民投票についての初の意見発表会を開催した。台湾名義での国連加盟を目指す民進党前主席の遊錫コン前民進党主席と、名称にこだわらない国連復帰を目指す台湾政治大学教授の何思因氏が意見表明を行った。

遊錫コン氏は、国連加盟は利点が多い。APECや重要な投資及び貿易に関する会議に参加でき、経済は一層活性化することになる。WHOに加盟すれば衛生面でも保障される。国家の地位も明確になり、中国と台湾が別々の国であることが明白となり、中国が台湾を侵略しようにも困難となると主張した。

「なぜ台湾名義での加盟に拘るのか」との質問に対し、「中華民国」と「中華人民共和国」は混同されやすい。さらに1971年にすでに中華民国は中華人民共和国に取って代わられ、新名称のほうが実現性が高い。しかも世論の7割が台湾名義での加盟を支持していると述べた。

何思因氏は、国民党の国連復帰案は民進党のそれよりも柔軟性が高く、実務的で、国家の安全と国際社会への参加という目的に適している。米国との長年の友好関係に傷つくこともなく、台湾海峡の緊張も押さえられるなど、「副作用」が少ない選択だ、と述べた。

 

台湾総統選挙特集ページへ戻る

日本人台湾独立促進会トップページへ戻る

 

 
 
謝長廷・蘇貞昌
馬英九・粛万長
謝長廷関連サイト
馬英九関連サイト
台湾維新、謝長廷2008総統選ホームページ
謝長廷応援ブログ
謝長廷ブログ
台湾 衝衝衝!
民主進歩党
台湾青年逆転本部
逆風前進最愛台湾

海外長昌後援会

 
 

 


お勧めリンク集

メールマガジン「台湾の声」

台湾は日本の生命線

台湾春秋

千葉発日台共栄

 

 

 

 

 

 

TOP PAGE

BBS

論説集

LINK

BOOKS

総統選特集

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SEO [PR] Mtg @ Yi ^T[o[@SEO